相続財産、遺産とは

遺産分割の対象となる「相続財産、遺産」等、良く使う言葉ですが、正しく理解していますか?

第1回目のコラムは「相続財産、遺産」についてです。

民法第896条には、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない」とあります。

すなわち被相続人が亡くなった瞬間に有していた金銭的価値に変換出来る財産は全て相続人が相続することになります。

なお、一身に専属したものとは、被相続人の個人が有している資格(医師免許や弁護士資格等)や生活保護の受給権などで、これらは相続されません。


まず、相続が発生したら、相続財産を確認・調査をして、遺産目録を作成することをお勧めします。

参考までに良くあるものを下記にまとめてみました。

○相続財産に含まれるもの

  1. 不動産(土地・建物)
  2. 借地権、借家権、賃借権
  3. 現金、預貯金
  4. 株式、債権、投資信託等の有価証券
  5. 特許権、著作権、営業権
  6. 宝石、貴金属・美術品・自動車などの動産
  7. ゴルフ会員権
  8. 電話加入権
  9. 被相続人が受取人になっている生命保険金
  10. 借金・ローン
  11. 未払いの税金
  12. 未払いの入院費や治療費
  13. 保証債務

×相続財産に含まれないもの

  1. 相続人が受取人になっている生命保険金の請求権
  2. 死亡退職金
  3. 遺族年金
  4. 祭祀財産(仏壇、墓石など)・・・祭祀主催者が承継します
  5. 香典、弔慰金

相続税の課税の元となるみなし相続財産には生命保険金や死亡退職金なども含まれますので、注意が必要です。