単純承認(たんじゅんしょうにん)

全ての相続財産(プラスの財産、マイナスの財産)を相続すること
単純承認には積極的な意思表示は必要ではなく、相続放棄や限定承認をせずに法定の3ヵ月を経過したり、相続財産の処分行為などがあった場合にも単純承認をしたものとみなされるので注意が必要である。