代襲相続(だいしゅうそうぞく)

推定相続人である子又は兄弟姉妹が、被相続人が亡くなる前に死亡(又は排除・欠格)した場合に、その者の子がその者に代わって相続すること。
その者の子が被相続人が亡くなる前に死亡している場合には再代襲が発生し、その者から見たら孫が相続する。但し、推定相続人が兄弟姉妹の場合は再代襲は発生しない。