相続欠格(そうぞくけっかく)

相続人となる者が法定の不正な事由により法律上当然に相続人の資格を失うこと。
不正な事由とは被相続人や先順位の相続人を殺害したり、遺言書を破棄や隠匿した場合などである。当然に受遺者になることも出来ない。