数次相続(すうじそうぞく)

被相続人が亡くなった後に、その相続人も死亡して数次に相続が発生すること。
被相続人の遺産分割協議前に数次相続が発生した場合には、数次相続で亡くなった者の相続人(配偶者・子など)が相続をして遺産分割協議に参加をすることになる。
代襲相続と混同しやすいが、数次相続では相続をするのは子に限られない。