検認(けんにん)

遺言の保管者が相続開始後遅滞なく提出した遺言について家庭裁判所がその内容・存在を確認し、行う保全手続きのこと。
検認を受けたからと言って、有効な遺言になるわけではない。また、公正証書遺言には検認は不要である。