寄与分(きよぶん)

被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をしている相続人がいる場合に、被相続人の生前にその対価を得ていない相続人に対する相続分の算定時に寄与に応じた加算を認める民法上の制度のこと。寄与分の額については相続人の協議で決めるが、協議がまとまらない場合は家庭裁判所が決定する。