遺留分減殺請求権(いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん)

遺留分を侵害されている遺留分権利者が、遺留分を保全するため財産の返還を求めたり、財産の受け渡しを拒んだりすることが出来る権利のこと。
遺留分権利者の意思表示のみで減殺の効果が発生するが、遺留分の侵害を知った時から1年以内もしくは相続開始後10年以内に行使しなければ、行使することが出来なくなる。