特別受益(とくべつじゅえき)

婚姻、養子縁組の際または生計の資本として、被相続人から贈与を受けた相続人がいる場合の受け取った利益のこと。相続開始の時の財産に、その贈与の価額を加えた者を相続財産とみなすことになる。