理念・ご挨拶

ご挨拶

こんにちは。司法書士の吉田正裕と申します。当ホームページにお越しいただき、有難うございます。

相続と聞いて思い浮かぶ士業といえば、まず「税理士」「弁護士」という方が多く、「司法書士」はどちらかというと馴染みが薄い方が多いのではないかと思います。

我々司法書士が相続手続きにおいて、扱う業務としては、遺産分割協議書の作成、不動産の名義変更、相続必要書類の手配、遺言の作成サポート、家庭裁判所への申立書類の作成など多岐に渡ります。士業の中でも相続の手続きに関与する頻度もかなり多い職種だと思います。

相続の手続きについては、それぞれの士業で得意分野・専門領域があり、時にはチームを組んで取り組まなければならないことがあります。

とはいっても、相続でお困りの方はどこに相談して良いのかも分からないという方が多くいらっしゃいます。

私は平成20年4月に実務に就いてから、最初に勤めた事務所が税理士兼業の司法書士事務所と言うこともあって相続・遺言業務に携わる機会が多くあり、実務を通じて様々な相続の悩み・問題解決のお手伝いをさせて頂きました。

当然そういった悩みのなかには、司法書士の業務を逸脱することもあり最後までお力になれず悔しい思いをしたこともありました。

そういった思いもあり、自分が開業するにあたって、ご依頼者様に安心して相談して頂ける業務ネットワークの構築に力を入れて参りました。

相続・遺言でお困りの事がありましたら、まずは当事務所にお越し頂き、お気軽にご相談ください。

当事務所の専門領域外の件についても培ってきた業務ネットワークがありますので、安心してお越し下さい。交通整理をして各士業・関係先への橋渡しをさせて頂きます。

ご相談お待ちしております。

理念

  1. 親身に誠実にご対応致します
  2. 迅速かつ丁寧に業務を行います
  3. お客様へ分かりやすく説明致します
  4. 分かりやすい料金体系に基づき事前見積りを必ずご呈示致します

プロフィール

昭和46年3月生まれ

平成6年3月 成蹊大学法学部法律学科卒業

大学卒業後10年間都内の建設会社に勤務。経営企画部や人事部に所属していました。

会社の合併・リストラを間近で経験し、サラリーマンを辞め司法書士になることを決意し、平成16年8月会社を退職し、日雇い労働をしながら司法書士の勉強をスタート。

平成19年10月に司法書士試験に合格

平成20年4月から墨田区・千葉市の司法書士事務所にて、相続・遺言、銀行業務などを主業務として業務経験を積み、平成21年12月に「ソラリス司法書士事務所」を開業。

開業以来、相続による不動産の名義変更手続き、遺産分割協議書作成、遺言書の作成サポートの業務を多く受任。

保有資格

司法書士、宅地建物取引主任者(未登録)、相続アドバイザー(民間資格)